「不完全な自分にこそ価値がある」SALASUSU Paper第三号を発行しました!

みなさまこんにちは!SALASUSU Paper編集長の後藤です。

SALASUSUで働く作り手の女性たち、ともに働くスタッフたち、そして私たちが大切にしている哲学をじっくりお伝えしたいという思いで始めたSALASUSU Paper。
そんなSALASUSU Paperの第三号が発行になりました!

第二号では「ひとづくり」をテーマに、日々作り手女性たちの成長を支える、私、後藤のストーリーお届けしましたが、第三号では工房の訪問ツアー・スタッフの橋本のストーリーをお届けします。

元小学校教師である彼女が、カンボジアでどう自分の弱さと向き合い、自分をまるごとさらけ出せるようになったのかをじっくりと読んでいただけます。

橋本が担当するツアーでは、勇気を持って自分の気持ちをシェアする参加者の姿がとても印象的です。
このSALASUSU Paperの橋本のストーリーもまた、皆さまにとってありのままの自分を認め、大切にできるきっかけとなることを、願っています。

サポーター会員の皆さま、過去クラウドファンディング等を通じて寄付をくださった方(住所がわかる方のみ)、商品を購入いただいた方、以前郵送のお申し込みをいただいた方には、順次郵送にてお送りいたします。

WEBにも3月頃に一部記事をアップ予定ですが、紙面だけでしか読めない記事もあります。
紙でじっくりと読みたい!と思ってくださった方は以下のリンクからご連絡いただければ郵送でお送りいたします。ぜひお気軽にお申し込みください。
(第一号や第二号の郵送もこちらからお申し込みいただくことができます)

郵送のお申し込みは「こちら」

今にも笑い声が聞こえてきそうな、作り手やスタッフと橋本のあたたかい写真の数々もぜひお楽しみください!