SALASUSUの魅力をじっくりお伝えする「SALASUSU Paper」始まります!

みなさんこんにちは。
今年から始まる新しい企画、SALASUSU Paperの編集長をしています、後藤です。
今日は少しだけ、この企画をどんな思いで始めたのかお話させてください。

SALASUSU Paperを始めた想い

私は今、工房で働く作り手女性たちのトレーニングやケア、キャリアサポートを行う部門で働いており、カンボジアに駐在して1年半ほどになります。

私が1年半、作り手の女性たちとともに過ごしてきて思うことは、「彼女たちは強い」ということ。そして「彼女たちのありのままの姿には人の心を勇気付ける力がある」ということです。

正直、カンボジアにきてすぐの頃は、日々立ちはだかる問題を前にして彼女たちの力を心から信じられないことも多く、どう向き合ったら良いのか悩んだこともありました。

でも、時間をともに重ねていくにつれて、私自身、彼女たちのまっすぐな姿に何度となく心を動かされたり、彼女たちを通して多くの人の心が揺さぶられる瞬間をたくさん見てきました。

(工房を卒業し、市内のレストランで働く作り手とともに)

そんな彼女たちが持つ力を少しでも多くの人に届けたい。
そして、彼女たち自身にも自分たちにそんな力があるということを、知ってほしい。

そんな思いで、SALASUSU Paperという企画を始めることにしました。
作り手の女性たちのこと、女性たちとともに働くスタッフのこと、SALASUSUが大切にしていることを、丁寧に取材し、フリーペーパーという形で年に4回発行していきます。

 

第1号は2月中旬に公開!

第1号目のテーマは「優しいものづくり」。
デザイナーの菅原をはじめ、商品開発チームで働くカンボジア人トレーナースタッフ、作り手女性たちのことをお伝えする予定です。

サポーター会員としてSALASUSUを応援してくださっている方、過去寄付をしてくださった方、商品を購入いただいた方には、2月中旬より順次郵送にてお送りいたします。
WEBにも同じ頃に、一部記事をアップ予定です。

(紙面だけでしか読めない記事もあるので、もし紙で読みたい!という方は「こちら」からご連絡いただければ郵送でお送りいたします。ぜひお気軽にお申し込みください!)

そして、このPaperからみなさんが感じてくださった思いを知ることは、作り手の女性たち、スタッフにとっても、大きなパワーになると思っています。
必ず作り手の女性たち、スタッフに直接届けますので、ぜひ、読んでいただいた感想もお寄せくださると幸いです。

少しでも、みなさんに感じていただけることがありますように。
ぜひ楽しみにお待ちいただけると嬉しいです!

郵送のお申し込みは「こちら」