SALASUSUインターン紹介 Vol.1

こんにちは。SALASUSU学生インターンの光野です。
3月を目前に控えて長い冬も終わりを迎えはじめ、暖かな春を少しずつ感じる季節になりました。

さて、SALASUSUでは春を迎える準備ということで、現在新しいインターン生を学生・社会人問わず募集しています!

SALASUSUを応援してくださっているみなさまの中には、インターンに興味がある方も、そうでない方もいらっしゃると思います。だけどほとんどの方が、教育とものづくり、そしてアパレル雑貨を日本で販売しているNPOで、インターン生がどのように活躍しているのか、イメージしにくいのではないでしょうか。

そこで、現在SALASUSUで活躍している個性豊かなインターン生たちを、これから順番にJOURNALにてご紹介していきます!

今回ご紹介するのは、

社会人インターンの 椎名麻衣(しいな まい) さんです!

<麻衣さんのプロフィール>
・1988年生まれ
・元青年海外協力隊(派遣国:キルギス)
・インターン期間:2018年10月~現在(~2019年2月卒業予定)

キルギスで青年海外協力隊として活動していた麻衣さんは、帰国後すぐにインターン生としてSALASUSUにジョインしました。彼女のSALASUSUでのお仕事や、関わり方について聞いています!

・SALASUSUでの普段のお仕事はなんですか?


新商品販売に伴うWeb販売ページやカタログ作成等々、リリースに関してどうPRしていくかをブランドマネージャーと一緒に準備しながら日々学んでいます。

 

・インターンをする上でのモチベーションを教えてください。


今まで経験したことがない仕事を苦戦しながらも一つひとつ形にする作業は地道です。しかしいかに多くの人にSALASUSUを知ってもらえるか仕掛けを作っていくために必要なこと、準備すべきこと、サポート体制を学べる機会は他にないのでインターンとして関われて本当に楽しいです。
2月1日から2019年春夏の新作販売スタートしました。昨年からコツコツ準備し始めて無事にお披露目できて良かったです。

 

・インターンを始めたきっかけは?


民間企業で勤務後、2018年10月まで青年海外協力隊として中央アジアのキルギスで羊毛フェルト商品の新商品開発、品質管理に携わる活動をしていました。帰国後もなにかつながることがしたいと思い、SALASUSUの東京オフィスでインターンをしています。

キルギスのフェルト生産者のおばさまと
・SALASUSUでの働き方について教えてください。


時間は週15時間以上と決まっていますが、オフィスだけでなくオンラインで活動するのもあり。自分で時間を決められるので自由に働くことができるのも非常にやりやすい環境です。

 

・インターンを通しての気づきや、学びはありますか?


ブランドマネージャーとともに仕事させてもらうなかで、SALASUSUのブランドづくりの大変さややりがいを日々感じています。
「ものづくり」と「ひとづくり」を大切にしているSALASUSUに関わる愛のあるスタッフと支援してくださる方にたくさん出会い、関われば関わるほど愛着が湧いてきました。
苦手な仕事もいかに楽しく、スピーディーにこなせるか。インターンをはじめてから自分の仕事の仕方を日々見つめ直しながら働けているように感じています。

 

最後にインターンを希望される方に向けてひとこと!


民間企業からNPOへ転職を希望される方、NPOの働き方を一度経験してみたい方、ブランドを一から立ち上げてみたい方にオススメのインターンです。自分がどこまでコミットするかによって仕事内容も変わりますが、自分で挑戦してみたいこと、やってみたいことを積極的に提案することで、発揮できる場をたくさんもらえます。
SALASUSUの活動に共感した方、一緒にブランドを作り上げていきませんか?
積極的に関わってくださる方を求めています。